『りんご』PV

どきどきびっくり大冒険『りんご』PV『エーテルの海を越えて』作成の記録です。

 一つの時代の終わりと新しく広がる無限の可能性を見つけて、まっくの新たな挑戦の記録です。

 ことの発端はボカロでした。ミクがオーケストラとコラボをしているのを見て、『ああ、もう、音の世界はこれまでのようではいられないのだなあ』という一つの終わりでした。そしてそれは同時に音楽があまり得意ではないまっくでも何かを創れる『新しく広がる無限の可能性』をも感じたのです。

 動作も厳しい恐ろしく古いパソコンで動画の作り方をネットで調べながら作成、とりあえず、ツールはあるということを確認して、相方さんの中でもまっくにとって一番重要な『一緒に創る』ことができるであろう方の作品で動画にできるだけのイラスト数がある作品。。。もう、何はさておきりんごしかありませんでした。

 それから数か月、ある程度動画を創れるようになって、辛梨さんにこっそり打ち明けて、快諾していただいて、作曲者さま、ないし編曲者さま、ボカロ使いさまを募集、高知のイベントでボカロ使いさんに一緒に作成することにOKをいただくも、その後音信不通。。。ピアプロや掲示板で募集をしても応募や問い合わせもなく。。。音楽関係はイベントでお願いした方も含めて厳しいですね。。。 

 選曲については募集をかける前から耳になじんだ曲であること、変化があることから選びました。

 パソコンも二回ほど変わって動画はその都度作り直しました。おかげで動画の作成レベルはかなり良くなりました。

 PVの参考にと、大好きな歌の動画を見ては歌い狂っていましたが(どちらかというと、動画の参考よりもカラオケ代わりだったような気が。。。爆)その影響で『春風の中で』アフターストーリー『TRY』が出来上がったりしました。

 しかし、相変わらずでボカロ使いさんの応募もなく、厳しいかなとひしひしと感じていた時のことでした。動画を見ていたら、「歌ってみた」が。。。そうだ!出発点はボカロだったかもしれないけど、ネットではボカロに負けないくらいの歌を歌ってくれる歌い手さんがいるじゃないか!

 さっそく掲示板で歌い手様1名を募集、そうしたら、たくさんのお問い合わせ、応募をいただきました。まっくの条件は『りんご』を読んでいただいて気に入ってくださる方、ご自分でmp3でミキシングできる方、でした。たくさんのご応募の中から最後のところまでたどり着いてくださったのが、応募順に結城ありすさまと工藤伽羅さまでして☆募集は1名でしたが、ここまでたどり着いてくださったお二人にお願いをすることにしました☆

 まっくはひねくれた人間なのでたいていのことはサプライズになるようにこっそりと進めるので出来上がる直前まで辛梨さんにも進行具合はほとんどお知らせせず。。。1月イベントで『りんご』のファンという方がいらっしゃったので、3月のイベントに間に合わせたい!という熱い想いの元、辛梨さんに『りんご5 そして響いた五点鐘』の発売に合わせてPVDVDの配布を開始しようとジャケットやレーベルの作成もお願いしまして、スタートから完成までこれまでの最短記録で『りんご5 そして響いた五点鐘』のイラストとジャケット、レーベルを仕上げていただきました。まっくの無謀にお付き合いくださいまして『りんご』の相方の辛梨さんには本当に感謝しております。辛梨さんもPV熱が伝わったようで筆が乗っていたご様子で、結城ありすさまと工藤伽羅さまからの歌が届くのを待ちながら『りんご5 そして響いた五点鐘』を製本、発表☆

 そしてついに歌が届きました☆PVの最終調整をして、DVDを焼いてジャケットを印刷して。。。 

 ついに完成です☆動画としてネットに公開するにあたってはにこにこはプレミアム会員でないと画質が厳しいことからYouTubeとなりました☆

 『りんご』最終刊をお求めの方にはDVD版、「エーテルの海を越えてver.3.0」DVDのみの特典付きヴァージョンを配布しております☆(DVDは無料です) 

 こうして、イラスト、漫画に、歌、そして小説というばらばらの活動をしているメンバーが『りんご』イメージソング「エーテルの海を越えてver1.0」という一つの作品を創りあげることができました☆『りんご』シリーズになくてはならない、かわいくてたまらないイラストを描いてくださる辛梨さま、透き通った歌声でとてもきれいに歌い上げてくださった結城ありすさま、そして、まるでアニメなどのキャラクターソングCDのような、かわいく元気いっぱいに歌ってくださった工藤伽羅さま、本当にありがとうございました☆このPVが出来上がったのも辛梨さん、ありすさん、工藤さんのおかげです☆そして、何よりも『りんご』を応援してくださる読者の方々のおかげです。

 以下、進行途中でいただいたメールからの抜粋です☆メールの転載を許可してくださったありすさま、工藤さま、辛梨さま、ありがとうございました☆

結城ありすさまより

 先日、大事な資料として、りんご、を送って頂き、 ありがとうございました!

 届いた時には本当に嬉しくて、すぐに読み始めました。

 絵師さまのイラストもとても可愛くて、まっくさんの「りんご」が生き生きと描かれていてとても斬新な感じがしました。うまく表現できないのですが、物語の中で生きている感じる、というのか、くるくるしていて、飽きないです。

 「りんご」の、可愛らしいだけじゃなくて元気いっぱいで、ピュアな部分に惹かれています。余談ですが、次作はいつ頃になりますでしょうか。(ファンとして気になりましたので・・・)イラストももちろんキュートで愛らしくて、りんごの雰囲気にぴったり!ですが、やはりもとの作品(文章)からの表情が伝わらないとそのような絵は描かれないと思うので、まっくさんのキャラクターは全部生きてるんだと思います。


工藤伽羅さまより

「りんご」を送っていただいた工藤伽羅です!

何度も読み返しさせていただきました。すっかり、りんご&みかんコンビがお気に入りです(笑)

イラストや四コマが多いのも手伝って、世界に入りやすいし二人とも強くてかわいいしたまりません^o^


辛梨さまより

 ver1.01のありすさんは綺麗で涼やかな歌声で、しっとり系のバラードなども聞いてみたいですね。

 ver1.02の工藤さんは可愛くてオリジナリティのある楽しい歌い方がとてもツボでした(^-^)

 

 最後に

 まっくの小説はイラストや漫画でのビジュアル面でのサポートによるところは大きいです。『一緒に創っていく』という過程で小説では見えないキャラの表情やサイドストーリーが作品を豊にしてくださっています。絵師さまの負担も大きいですが、作品としての完成度、深さはこうしてイラスト担当の方が『一緒に創って』くださるからこそです。そして今回、こうして『歌』という新しい次元で『一緒に創る』ことができたのはまっくにとって、そして、まっくの作品たちにとって、無限に広がる新しい可能性だと感じています。

 本当に、本当に、ありがとうございました。